マガジンのカバー画像

〈こまつ〉みんなのnote

37
グルメ、おでかけ、イベント情報まで。みなさんが〈こまつ〉について書いた記事をまとめました。
運営しているクリエイター

記事一覧

誰もが自分の幸せを追求できる【石川県小松市】での保育

 北陸、石川県にある小松市は東京・大阪・名古屋の3大都市圏からほぼ等距離に位置する、人口約10万人の地方都市。市内には日本海側最大の小松空港があり、国内線と国際線が就航している。さらに地上にはJR特急列車が停車する駅があり、2024年には北陸新幹線の駅も開業予定の、アクセス抜群のまちだ。  市内はクルマで30分圏内の身近さに海、山などの自然はもちろん、ショッピングモールや学校、図書館、病院、子どもたちの遊ぶ施設も多い。全国的に見ても、安心・快適・利便など全ての指標のバランスが

輝く女性たちの手仕事【石川県小松市】の企業で見る、新しい働き方

 北陸、石川県にある小松市は東京・大阪・名古屋の3大都市圏からほぼ等距離に位置する、人口約10万人の地方都市。市内には日本海側最大の小松空港があり、国内線と国際線が就航している。さらに地上にはJR特急列車が停車する駅があり、2024年には北陸新幹線の駅も開業予定の、アクセス抜群の町だ。  市内はクルマで30分圏内の身近さに海、山などの自然はもちろん、ショッピングモールや学校、図書館、病院、子どもたちの遊ぶ施設も多い。全国的に見ても、安心・快適・利便など全ての指標のバランスがよ

ネイティブ.メディアから子育てするならダントツ小松の魅力を配信!

 全国トップクラスの子育て支援環境と穏やかな暮らしが魅力!子育て世代の移住者が増加している理由とは、小松市に家族で暮らす魅力や子育て支援環境、移住した子育て世帯のリアルな声などを2回(前編・後編)に分けて紹介しています。 【石川県小松市】全国トップクラスの子育て支援環境と穏やかな暮らしが魅力!子育て世代の移住者が増加している理由とは (前編) この記事の目次 ・「住み良さランキング」で高評価! 快適に暮らせる小松市地域の魅力 ・家族で気軽にアクセスできる自然豊かなスポット

石川県小松市團十郎芸術劇場うらら 新春浅草歌舞伎 かぶきDOU其の40アフタートーク

皆さまあけましておめでとうございます。1/2に今年最初のかぶきDOUをお届けしました。 元日の夕方に令和6年能登半島地震が発生しました。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。実は私、能登半島出身で今回の地震で実家も被災しました… 大きな余震や断水など影響は続いております。 團十郎芸術劇場うららが一時避難所に※追記あり※ JR小松駅そばに石川県小松市團十郎芸術劇場うららがあります。元日の地震発生時には避難所となりました(現在は解除) 石川県小松市には歌舞伎十八番の内

ものづくりのまち【石川県小松市】の企業が育てるのは、未来の小松

 北陸、石川県にある小松市は東京・大阪・名古屋の3大都市圏からほぼ等距離に位置する、人口約10万人の地方都市。市内には日本海側最大の小松空港があり、国内線と国際線が就航している。さらに地上にはJR特急列車が停車する駅があり、2024年には北陸新幹線の駅も開業予定の、アクセス抜群の町だ。  市内はクルマで30分圏内の身近さに海、山などの自然はもちろん、ショッピングモールや学校、図書館、病院、子どもたちの遊ぶ施設も多い。全国的に見ても、安心・快適・利便など全ての指標のバランスがよ

子育て世代に人気の石川県小松市ってどんな街?

海も山も近いバランスのいい都市  金沢市、白山市についで石川県内で3番目に人口の多い小松市は、南加賀エリアにあります。北西は日本海に面し、東には日本三名山霊峰・白山を望む、自然環境に恵まれた街は、空港や鉄道も充実しており県内外へのアクセスにも優れていることから、子育て世代を中心に移住者が増えています。  市の中心部には商店街や文化施設、大型ショッピングモール、学校、病院など生活に必要な施設が揃い、車で少し走ると緑豊かな里山が広がります。30分圏内に都市の機能性と自然がバラン

高校生が運営する『こども食堂』@石川県小松市 100日note-Day18

こんにちは! 株式会社すみかの月館(つきだて)です。 今日は、石川県小松市からnoteを書いております! もう1年半前からサポートさせていただいている小松大谷高校の生徒たちが運営する『こども食堂』に行ってきました! 以前から先生や生徒たちから取り組みのことを聞いていたのですが、なかなかタイミングが合わず、やっと行くことができました。 場所は、小松市津波倉町にある津波倉町会館です。 会館の中で食べたり、イベントしたりする日もあるようですが、今回はお持ち帰りの会でした。 高

運命的な理想の景色【石川県小松市】に魅かれて

 北陸、石川県にある小松市は東京・大阪・名古屋の3大都市圏からほぼ等距離に位置する、人口約10万人の地方都市。市内には日本海側最大の小松空港があり、国内線と国際線が就航している。さらに地上にはJR特急列車が停車する駅があり、2024年には北陸新幹線の駅も開業予定の、アクセス抜群の町だ。  市内はクルマで30分圏内の身近さに海、山などの自然はもちろん、ショッピングモールや学校、図書館、病院、子どもたちの遊ぶ施設も多い。全国的に見ても、安心・快適・利便など全ての指標のバランスがよ

東京の空気をまとったまま【石川県小松市】で暮らす、それが今の自分らしさ

 北陸、石川県にある小松市は東京・大阪・名古屋の3大都市圏からほぼ等距離に位置する、人口約10万人の地方都市。市内には日本海側最大の小松空港があり、国内線と国際線が就航している。さらに地上にはJR特急列車が停車する駅があり、2024年には北陸新幹線の駅も開業予定の、アクセス抜群の町だ。  市内はクルマで30分圏内の身近さに海、山などの自然はもちろん、ショッピングモールや学校、図書館、病院、子どもたちの遊ぶ施設も多い。全国的に見ても、安心・快適・利便など全ての指標のバランスがよ

いくつもの都市で生活してたどりついた、小松の「ちょうどいい」暮らし

 夫の仕事がきっかけで神奈川県川崎市から小松市に移り住んだ佐藤つわのさん。これまでも夫の転勤に伴って、福岡、広島、金沢といくつもの都市で生活してきました。「ちょうどいい」と話す小松市での暮らしってどんなものでしょうか? 日々の生活について聞いてみました。 十分な都市機能と魅力的な働き方環境  小松市に暮らして2年目。現在(2023年取材時)は3人目のお子さんの育児休業の真っただ中ですが、休業前は会社員としてのキャリアも重ねてきました。外資系IT企業のインサイドセールス部門

ものづくりの町【石川県小松市】で、居住空間を彩る木製品を楽しむ

 北陸、石川県にある小松市は東京・大阪・名古屋の3大都市圏からほぼ等距離に位置する、人口約10万人の地方都市。市内には日本海側最大の小松空港があり、国内線と国際線が就航している。さらに地上にはJR特急列車が停車する駅があり、2024年には北陸新幹線の駅も開業予定の、アクセス抜群の町だ。  市内はクルマで30分圏内の身近さに海、山などの自然はもちろん、ショッピングモールや学校、図書館、病院、子どもたちの遊ぶ施設も多い。全国的に見ても、安心・快適・利便など全ての指標のバランスがよ

夏のおでかけ【トロッコに乗ろう】!〈乗りもののまち・小松〉の新名物

みなさんこんにちは。毎日暑い日が続きますね。そんな夏にぜひ訪れていただきたい、ひやっと涼しく、そして〈乗りもののまち・小松〉ならではのとっておきスポットをご紹介します! 尾小屋鉱山資料館それは小松駅から車で30分ほどの山間にある「尾小屋鉱山資料館」。ここにはかつて日本有数の銅鉱山として栄えた「尾小屋鉱山」の貴重な資料が展示されています。 本格的な採掘が始まったのは明治10年ごろ。その後、良質な鉱脈が発見され生産量は増大、昭和30年ごろに採掘のピークを迎えます。当時は市街地

実はすごいぞ 小松城

自宅から歩いて10分くらいの場所に、小松城の跡地がある。 いまも残っているのは、土台の一部の大きな石だけであり、城らしさはあまり感じない。しかし、調べてみたら、結構すごい城だったようだ。 小松城が出来たのは今から約450年ぐらい前。 一向一揆の時に建築されたそうだが、柴田勝家に攻められて以来、城主は、いろいろと変わり、最終的には、あの有名な前田利常公の所有となった。 前田の殿様は、小松城を別荘として使うことにしたので、いろいろと趣向を凝らした。 城は石垣の上に立っていて、

こまつっ子の言葉の親 松居直先生

「松居直さん」と聞いても、「どなた?」となる人が多いと思う。しかし、「ぐりとぐら」、「うさこちゃん」を知らない人はいない。松居直さんは、それらの著名な絵本の編集者であり、こまつと深いご縁がある。 今回はそのことについて触れたい。 「残念ですが、音が聴こえている反応はありません。」という医師からの 告知。 聴覚に障害があると分かった息子の「言葉」を育てるための道のりは、2010年の、その時から始まった。関東圏に集中している聴覚障害の専門病院へ行くぞと意気込み、小松空港から東京